I got rhythm*

2014.07.30[水] 誕生日プレゼント

oriental-1.jpg

友達にお昼のコースをご馳走になりました

席に着くなり話がはずみ
料理の写真をすっかり忘れてしまったので
帰りにロビーをパチリっ
(鏡にリネンのスーツの友人と着物の私が映り込んでいます^^;ワカルカナ)


oriental-2.jpg

神戸オリエンタルホテル
オシャレさが伝わるでしょうか?


撮ったのは ipad
息子たちからのプレゼントです
平べったい(笑)ので 手ぶれが起きてしまいます
慣れが必要です


P7312593-001.jpg


映っている素敵なバッグも
彼女から戴きました
センスがいいんですよね〜^^


ipadの箱は スタイリッシュで和の感じ
でも この箱を開けるのが一番大変でした(笑

みなさん
御祝い頂き ありがとう!

新しい歳は 
もっと自分を解放して生きようと思っています


ところで
海老蔵さんの娘ちゃんと同じ誕生日なんですよ
何歳になってもミーハーです ^^; エヘヘ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

2014.07.25[金] いただいたバラ

着付け教室初級クラスの生徒さんから戴いたブリザードフラワー

3ヶ月間 先生のサポートをしただけなのですが
最終日 生徒さんからお礼にといただきました

着付けのお手伝いは
自分の曖昧な部分に気づいたり
多くを学ばせていただきました
素敵な方々との3ヶ月
お礼を申し上げたいのはこちらの方です

お花をいただくと いくつになっても気分が高揚します


バラには思い出があります
21歳の誕生日に 憬れの人が食事に誘ってくれました
いつものように 新阪急ホテルのロビーで待ち合わせたのですが
顔を合わすなり ちょっと待ってて と消えたのです
用事は済ませてから来てよ・・
と 思っていると
今度は 大きな赤いバラの花束を抱えてやってきました
照れくさいやら うれしいやらで

「えっ いいんですかぁ?」
と意味不明発言をしてしまった私に

「21本で助かったよ」
と さらりと受け流す彼

レストランもスナック(笑)も大きな花束を抱え
家まで送ってもらい 忘れられないお誕生日になりました

その後 何度も二人で食事に行きましたが恋愛にはならず
ずっと憧れのままで終わりました
甘酸っぱい思い出です


今日は天神祭&私の誕生日
予報では35度以上の猛暑日とか・・
聞いただけで 汗が噴き出しそうですね

生まれた日の天気を調べてみると
☆気象庁
晴天で 最高気温32度でした
雨女ですが 誕生日はいつも晴天です^^


夏休み絵日記の天気を 
古新聞で探したのは大昔のことになりました
便利な時代ですね

web拍手 by FC2

2014.07.20[日] 浴衣祭

P1000417-001.jpg
昨日 着付け教室の浴衣祭に行ってきました


例の長板中形縮を浴衣に着て→☆梅仕事
蒸し暑い梅田へ参じました


P7192575-001.jpg
先生方は ずっとこのコスチュームで踊られていたのです
お疲れ様です

誘われて 輪に入りましたが
リズム感皆無を発覚 ^^; トホホ

カメラ持参の時点で 踊る気なしですが(爆


会場でひときわ目を引いたのは
イケメン浴衣男子ではなく
犬連れの方でした
ちょっと育ち過ぎてしまったトイプーちゃん
行き交う人たちを嬉しそうに見ていました

盆踊りより犬の方がええなぁ・・^^ボソっ



web拍手 by FC2

2014.07.18[金] 梅仕事


先週 山梨のmickyさんからたくさん野菜を戴きました
どれもこれも朝採りの新鮮なものばかり・・
梅も実もいっぱい頂いたので 早速ジャムにしました
写真は第二弾の梅ジャムです
梅ジャムは出来上がると堅くなるので
砂糖を控えてさっぱりと 茹でこぼしの湯も少し残し
さらっとしたコンフィチュール風にしました


梅仕事が楽しいのは 
なんとも言い難い梅の甘酸っぱい匂い
梅雨明けが待ち遠しい蒸し暑い日には 何よりのごちそうです

梅仕事をしていると
高村光太郎の智恵子抄の「梅酒」を思い出してしまいます
時間や互いを想う合う心や目に見えない大切なものを
梅酒の色に重ねています


時間をかけて紡いでいる人や物
近頃 目に見えないものが宝物に思えてきました


花子とアン
いよいよ蓮子さんが駆け落ちですね
美輪明宏さんの愛の賛歌が流れ
自由の翼をはためかせた蓮子さん・・
を想像させる羽根が空から舞い
スモークぽい画像など 
フランス映画仕立てでロマンチックでした

でも・・・
私なら帝大生より石炭王の嘉納伝助を選ぶけどな・・ ウフフ
お金や宝石ぢゃありませんよっ
男のタイプです!! キッパリ ヘヘ




屏風祭は呉服屋さんで見せて頂くことが多いので
洗える化繊の夏着物はやめ
木綿の浴衣を着物風に着たのですが
案の定 あるお店のご主人から 
エエ浴衣ですね わかりますよ と褒めて頂き
P1000415-002.jpg
気を良くして 
昨日の着付け教室には 大ウソをつかずに※
着物として着て行きました
暑かったですが 襟元はスッキリです
自分撮りに問題アリですが・・・ww


※大うそつき=長襦袢を着ているように衿だけを覗かせる


犬がいないと こうゆうブログになるのよね・・^^;

web拍手 by FC2

2014.07.16[水] 屏風祭

P7152521-002.jpg
7月15日 ニョロリ(母)と京都祇園祭に行きました


京都四条に着いたのは 午後4時
地下鉄を出ると 街は祇園祭一色!

P7152526-002.jpg

鉾の御朱印が 地図代わりにデザインされているポスター
32基の山鉾があるそうです


一日ではとても廻りきれないので
今回は 綾小路通 仏光寺通辺りを散策しました
私たちが伺ったのは 中央下の方の御朱印の山鉾です


P7152525-002.jpg
狭いろおじに大きな山鉾
ビルの谷間にそびえています



伯牙山
P7152528-002.jpg



コンコンチキチン・・もいいのですが
今回は 祇園祭の屏風祭が目的でした

まずは 杉本家
P7152533-002.jpg



丁度 料理研究家の杉本節子さんがお客様に説明されていました
一緒に聞かせていただけ ラッキー!!

杉本家→☆☆☆


熊代繍江(くましろ しゅこう)の蘆雁図屏風 は
薄明かりですが活き活きをした描写で見る角度によって表情がかわります

俵屋宗達の秋草図屏風も素敵

美術品が ガラス越しではなくすぐ目の前で鑑賞できます

P7152534-002.jpg




やまいちさんでは 円山派の森寛斎の四季農耕の図屏風を拝見しました
ご主人の説明に聞き惚れてしまい 写真を失念


P7152536-002.jpg
鉾の絨毯も手に取るような近さで見られます





P7152546-002.jpg

岩戸山では 中に入ることができました
(有料 一人300円)

P7152551-002.jpg

急な階段を上ると




P7152547-003.jpg
内部の装飾が 金襴豪華



お囃子の方が見ているであろう景色

P7152550-002.jpg
 ※提灯が・・っ 
  写真をアップしてから気がつきました フフ


けっこう 高いのです
椅子も小さくて浅く 体が乗り出すのもわかります
止まっているので 安定していますが
移動時の揺れを考えると 勇気が要ります




陽が暮れると祇園囃子が聞けますよ・・と聞いたので
おしゃれなパティスリーSさんで 
美味しいケーキとアイスコーヒーで休憩しました
またまた おさしんを失念・・・とほほ

パティスリーS→☆☆☆


日が落ちるのを待ちましたが
待つとなかなか暗くならないのですね

P7152562-002.jpg

でも ニョロリさんの体力は
とっくに落ちているので(失笑)
帰ることにしました


P7152565-002.jpg

生コンコンチキチン〜は聞けずじまいです


ニョロリさんが 撮ってくれた着物姿

P7152563-002_20140716151911819.jpg
ボケてますね ウフフ
しかも 棒立ちやし・・^^;


綿縮の浴衣に絽綴れをお太鼓に結び
着物風に着ました
大うそつき衿なので ぐずぐずになっています
やっぱりウソは あきませんね(爆


ムサコが撮った ニョロリさん

P7152564-002.jpg
ちゃんと 山鉾が入りました
ニョロリさんのお疲れ顔が 残念〜


地下鉄に向かうと
四条烏丸通りが歩行者天国になっていたので 
おもわず パチリっ!

P7152566-002.jpg




すごい人でした
P7152567-002.jpg


神戸行きの電車の中で
お囃子が聴きたかったと嘆くニョロリ
来年は お泊まりしようね!となだめる娘でした^^


関西に住んでいるのでテレビニュースなどで祇園祭をよく知っているつもりでしたが、想像とはずいぶん違っていました。規模の大きさや人の多さ、特に京都人の文化レベルや歴史に対する美意識はバタ臭い神戸人と全く違います。神戸人は新しモン好きで保存に疎いところがあり、古都に惹かれるのは神戸に住んでいるからかも知れませんね。
来年は泊まって鱧を食べよう! 
結局 食べ物重視です・・・ウフフ



今回参考にしたサイト
京都祇園祭→☆☆☆
kyoto design→☆☆☆
JR西日本京都駅→☆☆☆
京都市営地下鉄→☆☆☆
(JRに比べて京都市営地下鉄の構内図はわかりやすいです)

どこに行くのも85歳のニョロリが疲れないように事前にストリートビューでルートを確認し、JR.や地下鉄も構内図でエレベーターをチェック、すべて最短コースを選びます。今回は具合が悪くなった場合を想定し、ホテルのチェックもしました。計画を立てている時間も旅行の一部です。そして旅行当日は予定通り進か否かが、次回の課題になります。今回は万全を期したお陰で、無事に笑顔で帰れました。
こんな性格じゃなかったんですけどね・・歳のせいかしら ボソっ
web拍手 by FC2

2014.07.14[月] アサヒビール大山崎美術館

P7022466-001.jpg

アサヒビール山崎美術館へ伺いました



英国式の大きな山荘
広い敷地内にやさしい佇まいで建っていました
P7022469-001.jpg

内部は撮影できないので
アプローチまわりと庭を撮影してきました



P7022472-001.jpg

建物の詳細はこちらをご覧下さい→


伺った時は
「野口哲哉の武者部類図鑑」が開催されていました
とても精密で自然な描写の武者たちがコミカルな表情を見せています

武者とさんぽする 鎧甲着用の猫や犬たち・・
歴史的な美術品を思わせるような表具された屏風には
甲にプロペラをつけて飛ぶ武将たち・・
立派な鎧甲の意匠が シャネルロゴ・・などなど
近づいて見ては クスっと笑いがこぼれます

ちなみに 私のお気に入りは
ショコラ武将(名称はうろ覚えです)
ちっちゃな武将は 生チョコサイズの親指大
思わず口に入れてしまいそうです
展示は7月27日までです
お近くの方 ぜひ肉眼でご覧下さいね
久々に楽しい展覧会でした

野口さんは 松坂世代なんです
この年代の方々 不思議と個性的ですね

野口哲哉作品集→☆侍達ノ居ル処


展示室の内装も素敵で
野口さんの武将達との相性もよくww
独特の空間になっていました

レリーフをボーダーのように使った部屋は特に素敵でした
格式張らない英国式建築は
誰かに見せるためではなく 
人生を楽しむ居住空間のイメージでした
目の前に広がる自然を一望できる贅沢なつくりの邸宅です


門はスパニッシュ調 スタンドのデザインも凝っています
P7022465-001.jpg

庭園に向かう入り口もオレンジの瓦のアーチの門で
横には 和風の茶室があります
面白いですね

P7022475-002.jpg


P7022474-001.jpg

庭のアクセントになっているのは
地中館(安藤忠雄設計)の一部です
こちらに モネの睡蓮が展示されています


P7022476-001.jpg

モネの庭のように 蓮池があります

P7022473-001.jpg 

池に沿って石作りのパーゴラがあり
光りの陰影がとてもキレイでした

P7022477-001.jpg

光りが眩しすぎて
ハレーションを起こしてしまいました
紫陽花さん ごめんなさい

P7022483-001.jpg

木陰のアーチ型の石橋


高低差のある広い庭園を下っていくと
入り口である大山崎山荘のトンネルにでてきます
P7022489-001.jpg

大山崎山荘はもよりの駅から徒歩10分ほどです
シャトルバスが用意されています
登りは(行き)はこのバスがおすすめです

贅沢な時間を過ごせる邸宅
季節ごとに伺いたい処です

くわしくは→☆アサヒビール山崎美術館

もより駅  
   阪急 大山崎駅
   JR  山崎駅



美味しいランチもいただきました
こちらもおすすめです

阪急 大山崎駅近くの
☆ハーミットグリーンカフェ
P7022492-001.jpg

前菜:ローストポーク

粒マスタードの風味とレモンの酸味がさわやかな一品です


P7022493-001.jpg

スープ:グリンピースのポタージュ

のどごしがよい冷製でした


P7022494-001.jpg

サラダ:ペンネとグリーンリーフ ドレッシング

外食のサラダってなぜ美味しいんでしょうね・・W


P7022495-001.jpg


メイン:マルゲリータ  トマトパスタ

一緒に行ったyokoさんとシェアしました
ピッザはもちもちです

頂いたのはパスタランチとピザランチです
人気店なのか 予約でいっぱいでした

期待値が低かったので(スミマセン)
特に美味しく感じたのかも知れませんが
近くにお店があったら お手頃なのでまた行きます(笑


web拍手 by FC2

2014.07.11[金] ビール工場

P7022515-001.jpg
サントリー京都ビール工場を見学しました


解説を聞きながら工場内を歩きます

今回は プレミアムモルツの製造工程を見させていただきました
P7022496-001.jpg
先ず 麦を仕込むタンクから始まります

二条麦芽とダイアモンド麦芽 
欧州アロマホップと天然水(工場内地下水)からできています

二条麦芽を試食し
アロマホップを嗅ぐと 
確かに プレミアムモルツの香りです



次から次と工場内を移動すると・・

工場萌えには たまらない時間
P7022501-001.jpg


P7022504-001.jpg



P7022507-001.jpg


萌え〜ほどではなくても
オートメーションシステマチックな構造は 見ていて飽きません

次から次へと押し出されていく様子が
なーーーんとなく 新宿駅のよう・・
社会の縮図を見ている神様気分でございました

45分の間に工場内を端から端まで歩き抜き
バスで出発地点に戻ってきました

さぁ いよいよお楽しみの試飲タイムっ!

うふふ

まずは プレミアムモルツから
P7022510-001.jpg


P7022511-001.jpg

かんぱーーーいっ!! チンっつ!

なるほどね・・と妙に納得しながら

いただきました

いつもより美味しい!

しかし ゆっくりと味わってる時間はないのです
試飲の時間は15分

がんばって2杯目に 挑戦します
P7022513-001.jpg

次は モルツドラフト
飲食店用のビールです
とにかく泡が細かくまろやかです
嫌な苦みもなく スッキリと飲みやすい


おすすめです


P7022518-001.jpg

見学者用施設は おしゃれな空間でした




P7022516-001.jpg

ロビーでは 和風庭園を眺められます




一番驚いたのは →
P7022520-002.jpg

→ は小さすぎてわかりませんので
アップしてみますね



ジャンっ!!
P7022520-001.jpg

館内を案内して下さった終始笑顔のTさんです


工場を出て信号待ちをしている間も 見学者用のバスに大きく手を振ってくださっていました
サントリービールの好感度アップ!!

見学後 スーパーで迷わずサントリービールをカゴに入れています
無料試飲も魅力的ですが
やはり 人の力は偉大です・・^^

詳しくはこちらでご確認ください
サントリー京都ビール工場→

web拍手 by FC2
プロフィール

musako

Author:musako
ご訪問ありがとうございます☆
おもな登場人物

 ★ムサシ
雄 雑種犬 推定年齢13歳
musako家に来て5年目の
2013.11月から左足骨折とガン闘病生活を送り
2014.3月21日に空に旅立ちました

 ★クロ
雄 雑種猫 推定年齢4歳
2015年4月 母と一緒に引っ越してきました
同4月 事故により後足骨折と腎臓病を併発
現在 通院中

 ★musako
女性 兵庫県在住 年齢不詳
当ブログ 管理人

 ★とん吉
長男 東京都在住
ムサシの里親決断を促した功労者

 ★陳平
次男 京都府在住
別称ダンスの先生

 ★カン太
三男 大阪府在住
我が家のPCサポーター

検索フォーム
どうぶつ基金

トリップアドバイザー
奈良の旅行情報
奈良の旅行情報>
里親募集中
クロを人間にすると
musakoを動物にしたら
植える木
FC2拍手ランキング
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop