I got rhythm*

2014.12.31[水] 厳しい眼光

IMG_1105.jpg
おひさしぶりです
今年最後のムサシです イヒ


すーすー
すーすー
IMG_1104.jpg
気持ちよさそうです
どんな夢を見ているのでしょうか


ですが


気配を感じてしまい・・

むくっ
IMG_1106.jpg


 かーさん?

 ・・・
 
 じゃぁ
 
 ない


IMG_1108.jpg
 ちっ
 
 近よるなよ
 
 寄らば咬むからなっ!

の厳しい眼光 アハハ



カン太のスマホの中にあった写真です
この不信感の顔・・
かーさん以外を こんな顔で見ていました

前庭疾患後は特に敏感になり
痛みや目眩によるものと
家族は理解してくれたんです
ありがとね〜〜


アークからのニュースレター
毎年 年末にはこれが入っています
IMG_1100.jpg

不要品での寄付の紹介です

この写真

だれかに

そうそう
IMG_1101.jpg

ムサシーーっ!!


えっ
似てないですか?


来たころはこんな顔だったんですよ
むさしふぉと

ねっ 似てるでしょう ウフフ



2014年も今日で終わり・・
今年は色々なことがありました

特に辛い時期
温かいコメントや拍手の励ましをいただき
乗り越えることができました
本当にお世話になりました
ありがとうございます


春はムサシを見送り
夏から夫が入院と
予想しない変化の多い年でした

来年早々に夫が退院し
春頃から母との同居がはじまる予定です
新しい生活のリズムに慣れるまで
犬を飼うのは難しそうです

ってことで
来年も当ブログの看板モデルはムサシくんに決定!
お宝写真をあぶり出したいと思っています ウフフ

来年もどうぞよろしく!

良いお年を!


web拍手 by FC2
スポンサーサイト

2014.12.27[土] 白い恋人たち

IMG_0818_201412271102096f0.jpg

年末 何かと忙しいですね
今年は 色々なことがありました

写真は車のウインドミラーからの銀杏並木
この後 車の調子が悪くなり・・エンスト・・トホホ
車検も重なり 
結局ディーラーで修理し
事なきを得ました


実は ほぼ毎日通っているところがあります

昨日も色々とストレスを抱え
疲れ切って車に乗ると・・
FMからなつかしいこの曲が流れてきたのです




一気に体の力が抜け リラックスモードになりました
この後もフランシス・レイの映画音楽は続いて
心うきうきで帰りました

思春期にロマンチックなフランス映画が流行っていました
大人になったら こんな恋愛がしたい・・と
憧れていたあの頃

 あらら
 大人になったじゃない 恋愛しないとっ!

 ひょっとしてなりすぎた?

 ダメよ ダメダメ・・
 前向きに生きなくちゃ!

なんて 独り言のドライブ ウフフ


ってことで 今日も午後から出かけます
前向きに! ウフッ
web拍手 by FC2

2014.12.27[土] 三井ガーデンホテル京都三条

IMG_0177.jpg

三井ガーデンホテル京都三条のロビーです

シックなコーディネート
ダークブラウンは暗くなりがちで敬遠していましたが
マットゴールドの濃淡のクッションと合わせると
素敵な和モダンに見えました


大開口の窓からの庭園
IMG_0174-001.jpg
遣水(やりみず)庭園
このホテルは藤原実能(ふじわらさねとし)邸宅跡に建っています
庭園跡地から出土した石を使い再現されているそうです



IMG_0175.jpg


向こうに見える部屋はレストラン
お庭を眺めながら ビフェ型式の朝食をいただきます



IMG_0168.jpg
ニシンが美味しかったです
お蕎麦用でしたが 単品でチョイス ウフフ

三条も四条も だし巻き卵の 
デモンストレーションをしています
朝6時半から ずっとだし巻きを作るのでしょうか
尊敬します

旅行先の朝食は 何故かどんどんいただけます
不思議ですね (笑


近代建築が並ぶおしゃれな三条の一角に位置します
夜の京都を楽しむために 徒歩圏内のホテルを選びました
女性好みのインテリアで ビジネス色は少ないです
大浴場は地下にあり
1階の部屋の並ぶ廊下を通り
階段で少し降りないといけません
庭園の見える 素敵なお風呂です
洗い場が少ないので 休日は・・^^;
平日の宿泊をオススメします


三井ガーデンホテル京都三条 ☆☆☆




8月の京都旅行時に利用しました
竹下夢二展
祇園森幸
貴船神社
コスメティックギャラリー


土曜 朝食付き宿泊 トリプル部屋
直前予約で合計25.000円ほどでした
落ちつけるホテル
女性にオススメです

web拍手 by FC2

2014.12.26[金] 三井ガーデンホテル京都四条

IMG_0975.jpg

三井ガーデンホテル四条
ロビーエレベーター前のディスプレーです



IMG_0976.jpg

江戸時代の小弓
室内の遊具だそうです


IMG_0977.jpg


同じくロビーの一角に
和の雰囲気

こちらのすぐ横は大浴場です



12月16日 こちらで一泊しました

選んだ理由は
交通機関の足場がいいこと
大浴場があること
軽装でも気楽に泊まれる
段差が少ない

と高齢の母目線で選びました


スタッフの対応はすこぶる良く
朝食の品揃えも申し分ありません
IMG_0969-001.jpg

この日は朝から魚に一目惚れ・・ウフフ
朝から粕汁なんて
無意識に爆弾低気圧予防してるのかも 笑


しかし・・
IMG_0970-001.jpg

朝食レストランのテーブルクロスがイマイチ
うう〜ん 残念^^;

スタッフのサービスは満点
愛想がよくて びっくりしました



ビジネスホテルと観光ホテルの中間
カジュアルなホテルです
バス停がとても近く アクセス最高
大きな湯船は疲れが取れます

三井ガーデンホテル京都四条 ☆☆☆




会員になるとリーズナブルに宿泊できます
☆☆☆
会費無料です^^
28日前に予約したのですが驚く値段でした 笑

今回は母と一緒なので四条でしたが、夏は三条に泊まりました。
三条の方が少しおしゃれですww
それは次回に。

web拍手 by FC2

2014.12.25[木] The Muses (ザ・ミューゼス)

IMG_1043-001.jpg
The Muses (ザ・ミューゼス)


平成知新館1階西奧のレストランで
ザ・ミューゼスランチのビーフシチューを頂きました


中央のじっくり煮込んだお肉は
フォークを入れるとほろほろと崩れ落ちます
京野菜を生かした上品なお味のシチューです

このパンが美味しい! 
パン好きにはたまりません




IMG_1039-001.jpg

カボチャのスープは
まろやかな優しい味でした



IMG_1046-001.jpg

私は栗のタルト
奥に見えるのはニョロさんのクリームブリュレ

あっさりしたタルトでした


目の前はこの景色
IMG_1050-001.jpg

庭との境がないので広がって見えますね

穏やかな時も味わいながら
まったりと頂きました

IMG_1049-001.jpg
白と黒を基調に
乳白色の壁 (大理石のような素材)に
木調が効いて
とても おしゃれな空間になっています


このお店はハイアットリージェンシー京都の直営店です
ホテル並みのサービスでこの価格 ちょっとお得かも・・w

平日の2時に伺ったので 
ご覧のように静かな店内で食事ができました
特別展のない平日が狙い目です(笑

The Muses (ザ・ミューゼス) ☆☆☆

☆こちらのランチは5時までいただけます








web拍手 by FC2

2014.12.24[水] 平成知新館

IMG_1016.jpg

9月にオープンした平成知新館へ伺いました
京都国立博物館真横の近代的な建物です



IMG_1025.jpg

横に長い建物に近づくと水辺が見えてきます
橋を渡るように進むと入り口になっているのです

中に入ると広いロビー
こちらで音声ガイドを借りました

まずは3階からの鑑賞です
IMG_1028.jpg

3階の磁器室と考古室の間に休憩スペースがあります
どちらの部屋からも入れるようになっています

シンプルですっきりしています
いいですね

IMG_1029.jpg


どなたもいらっしゃらなかったので
ゆるりと楽しめました

テラスで光っているのは薄氷
外は強風
笹は風で右左にしなっていました
暖かいところで見るには最高のロケーションです


展示内は3階から1階まで縦に繋がっています
移動は中の階段を使うようになっていますが
展示室を出ればエレベーターが使えます

1階のこちらは
IMG_1035.jpg
方広寺大仏殿の柱跡

遺跡をデザインとして使っていました
他にも柱跡があります
探してみるのも面白いですね


IMG_1038.jpg

窓から見える国立博物館


新しい常設館とは対象的な建物
どちらから見てもおしゃれです

IMG_1051.jpg
1階の通路スペースの眺め




1階 入り口付近のショップの前
IMG_1052.jpg




12月17日の爆弾低気圧、寒さが厳しいので寺院観光は諦めて平成知新館に入りました。1階のロッカールームで荷物やコートを預けると身軽に鑑賞できます。外の寒さ忘れてリラックスできました。特別展が無いときの方が人が少なくゆっくりと出来るかも知れませんね。オススメです。


3階考古室の銅鐸や銅鏡、2階近世絵画の池大雅のふすま絵は圧巻でした。最近感想などを忘れないようにボールペンでメモをとっているのですが、今回はスタッフがすかさず鉛筆を持ってこられたので驚きました。伺うと展示室ではボールペンや万年筆など液体の筆記用具は使用不可とのこと。ボールペンも入るのですね。有り難く鉛筆を拝借しました。次回は色鉛筆持参でスケッチします。



平成知新館館☆☆☆名品ギャラリー


仏像が好きの母、展示された仏様をひとつひとつ拝んでまわるのでは?と不安になりましたが、大人しく見学しておりました。お賽銭箱が無くて良かった(笑


寒いのでランチは館内のレストランで
それは次回に


web拍手 by FC2

2014.12.23[火] 高台寺 円徳院

IMG_0979.jpg

高台寺からの眺めは祇園閣☆☆☆ 
寒空にひときわ際立ちます



台所坂は掃除中でした
IMG_0978.jpg

まだ 紅葉が残っていました


IMG_0999.jpg


臥龍池と紅
木々の様々な色
庭にそよぐ風にも季節を感じます

IMG_0982.jpg

方丈の庭園は 12月14日までライトアップされていたので
丁度この日は 片付けの真っ最中でした

方丈で 修復された秀吉とねねの木像が祀られていました
当時の色を再現しているので
とても鮮やかです
(レプリカではありません)

小高い丘を登り 茶室 傘亭へ
IMG_0989.jpg

伏見城より移設した茶室
池の側にあったので 舟入があります


土間廊下で繋がれた 時雨亭
IMG_0991.jpg

珍しい2階建ての茶室
ねねが大阪城炎上を見たと伝えられています

1階は水屋
2階は畳敷きになっていたそうです
IMG_0994.jpg

2階の円い窓は
掛け軸の代わりに外の景色を取り入れる工夫


初期の千利休の作と言われています

IMG_0996.jpg

2階の一番左の窓が大阪ほ方向だそうです
どんな想いで赤く染まる空を眺めたのでしょうか


竹藪を下ります
IMG_0997.jpg

京都は竹藪が似合いますね


下ったところで抹茶をいただきました
IMG_1008.jpg

椅子席は気軽でいいですね
ほっとひと息つきました


IMG_1004.jpg

景色も味の内
贅沢なお茶でした


高台寺を出て円徳院も廻りました

IMG_1013.jpg
北書院の石庭

紅葉の時期は終わっていたので
母と二人だけでたっぷり説明を受けることができました
ねねの実家の話やその後のことなど
詳しくうかがえました
シーズンを外すのもいいものです


高台寺は何度来ても風情のあるお寺です。今回は利休の茶室、特に時雨亭のモダンで斬新なデザインに惹きつけられました。日本の美意識はやはり利休からですね。

高台寺 ☆☆☆
円徳院 ☆☆☆


☆高齢の方へ
高台寺は高台にあります。膝の痛い母には台所坂がネックでした。今回タクシーで上の天満宮までお願したので、降りてから受付までスムーズに行けました。受付横には車いす用のトイレもあります。
お茶室とお霊屋へは手すりのない坂を登らなければならず、介助が必要です。


おまけ^^
IMG_1003.jpg

茶室のストーブに引き込まれるニョロさん(母)

この日は爆弾低気圧の12月17日。高台寺も薄氷が張り、説明される方も2月並みの冷え込みとおっしゃっていました。なによりお堂に入るのに靴を脱ぐのが辛く、まるで苦行でした。厚手のホームソックスとホッカイロがどれだけ欲しかったことか! 凜とした冬の京都も素敵ですが半端ない寒さです。是非防寒グッズを持っていってくださいね。
寒くて体が強ばったニョロさん、頑張って「ねねの小径」を歩いて下ってくれたので、東大路通りでタクシーに乗れました。体調と時間調整、ツアーコンムサコipad片手に頑張りました^^


web拍手 by FC2

2014.12.21[日] 青蓮院門跡

IMG0941.jpg
青蓮院門跡の庭園

竹やぶのライトアップ




IMG_0930.jpg
相阿弥の作と伝えられている庭
背景に青く映っているところが竹藪です

実物はとても幻想的なのですが
ipadで撮すことは難しく
これが限界でした


紅葉の美しい時にはこんなでしょうか

3.jpg
こちらは 青蓮院のHPからお借りしました

さすがキレイですね




この庭園を華頂殿から眺めると・・
1995_summer.jpg
JR東海の1995年のポスター(HPより拝借しました)

華頂殿はお茶席になっています
この景色を眺めるには お抹茶が必須です^^



宸殿のライトアップ
IMG0948.jpg
左近の桜 右近の橘
その周り一面を青いライトが輝いていました

これもipadの限界ですね^^;

本当は・・
1.jpg
青蓮院さんのHPより拝借

目に入ったとたん 感嘆の声が出ます
実際はライトが広がってもっと雄大です


青蓮院は建物拝観からはじまります

IMG0951.jpg

引き締まる寒さに
ほんのりと明かりがさし
誘われます

1216.jpg
お玄関に孝明天皇の輿が鎮座

門跡寺院なので天皇ゆかりの品を
間近に見学できます


天皇の謁見の間 小御所や宸殿
当時の姿に復元された青不動明王なども
説明していただき拝観しました
その後 庭園を巡ります
好文亭もライトアップされていました
(建物内の公開は春と秋)

所要時間は
建物や庭をゆっくり愛でて1時間程です
 注:お茶席を含まず


国宝青不動明王は将軍塚青龍殿にて拝見できます
青蓮院前でシャトルバスが待機しています
(片道100円)

青蓮院門跡 ☆☆☆

将軍塚青龍殿 ☆☆☆動画

夜間特別拝観は12月23日までです
お急ぎください
くわしくは→☆☆☆

門の前の坂を下ると平安神宮の参道の赤い鳥居が見えます。南禅寺なども近いので足を伸ばして青蓮院を参拝してみてはいかがでしょうか。


追記:
少し前に到着しましたが、きっちり午後6時開門と伺い、門前の喫茶「けんろく」で時間待ちのお茶をしました。ココア(母はぜんざい笑 )と、どれも美味しくて、ゆっくりと落ち着けるお店です。こういう喫茶店が神戸では少なくなり懐かしく感じました。再訪ありのお店です。

おすすめです。


web拍手 by FC2

2014.12.19[金] 知恩院


寒い日が続いています
みなさま お風邪など引かれてませんか?

12月16日 京都へ行ってました
寒くて冷たい雨の中 知恩院でお参り

知恩院は 除夜の鐘で有名な寺です
今 三門や御影堂大修理中ですが お御堂でお参りできます 



黒門坂の紅葉は今年最後の紅葉狩り
来るのを待ってくれていたようで 愛おしい
残り福 ですよね


おまけ
濡れて滑りやすい石段を注意深く降りるニョロちゃん(母)
この後巡る寺へは この坂を下る方が早い!と
御影堂前のシャトルバスを振り切って歩いてくれたのですが・・
4時半を過ぎてしまった為に閉門されてしまい
またこの滑りやすい坂を登る羽目になりました
って 私が勧めたんだけど・・ヘヘ

我がブログのnewモデルは85ちゃい(笑)
この後も彼女の頑張りは続きました

知恩院は実家の菩提寺。幼い頃から年に1度は参拝しています。いつもはお参り主体ですが、今回は母が元気な内に知恩院横の青蓮院へ廻ることにしました。殆どの寺院のライトアップは12月14日で終了していたので見学コースに入れました。
日中(午後4時まで)に知恩院と青蓮院を巡られる方は、こちらの黒門を使うと近道です。ゆるやかな石段と景色が楽しめます。
オススメのコースです。

青蓮院は次回に


知恩院 ☆☆☆
web拍手 by FC2

2014.12.15[月] 春駒

IMG0884001.jpg


日本で一番長い商店街 
天神橋筋商店街☆☆☆の寿司屋春駒(はるこま)へ行ってきました

テレビのグルメ番組などで有名なお店
着いたのは平日といっても花金の夕方6時
さぞ 並んでいると思いきや なんと2組目でした

外で並んでいる間に
備え付け(無造作に置かれたカゴw) 
のメモ用紙にボールペンで
注文を記入し
それを持ってのれんをくぐります

全く ビギナーにはわからないシステム アハハ
私たちは5分程でカウンターに座れました

息子たちのオススメのハマチ腹や鯛
シマアジや鮭・・などなどがテーブルに並びます
なんと
一貫の値段だと思って居たら2貫だったので
テーブルは皿でいっぱいに・・笑


どれも美味しいので
次は
ウニや蒸し穴をかんぱちを注文
これが予想外の美味しさ
気になるものは頼んじゃえっ!と
鯛の三種盛りとアジを(↑の写真)を注文

ここまでで10貫以上食べているのですが
まだまだ口が欲しい・・

店で評判の玉子とトロを頼むことに・・
IMG0882.jpg

トロは口の中でふわりととろけます
おいしぃ〜〜〜
思わず仰け反ってしまいました

お値段
トロ1貫  175円
たまご1貫 50円
なんとこの一皿で450円なり(シツコイ・・ハハハ)
びっくり仰天!

で ワンスモアプリーズ
今度はブリとトロ ウフフ
IMG0881.jpg

いや〜ん おいひぃ〜 笑

この日のヒットはトロでした
新鮮なネタと信じられない値段に満足満足!

今回は陳平とカン太のご馳走になりました
ありがとね〜!

醤油は刷毛で寿司に塗るタイプ(笑)
注文はテーブルのメモ用紙に書いて渡す・・と
かなりの省エネですが 
接客はいいですよ

店を出ると長蛇の列
とってもタイミングが良くてラッキーでした
並んでも食べたいお寿司です


春駒本店→☆☆☆
お値段はこちらのメニューの写真でご確認を!
2貫の値段です 笑
(当たり前ですが三種盛は3貫のお値段です)
巻物も美味しいので
オススメです!

web拍手 by FC2

2014.12.12[金] ショットバーペコ(瓶子)

Skitch-s1.jpg


昨日、息子たちから誘われて大阪へ行きました。


夕食後
少し飲もうか・・と
梅田茶屋町に出ました

通りの電飾雪だるまをパチリっ
イルミネーションスノーマンともいいますね ウフフ


カン太のお薦めで入ったのは「ペコ」
瓶子(へいじ)をペコと読むショットバー

ムーディな2階へ通されました

Skitch-s2.jpg


まずはアイリッシュ ブラックブッシュ
味を替えてスコッチ ボウモア
最後はアイリッシュ タラモアデュー

とロックで三杯 ウフフ

透き通った四角い氷がいいですね
家では出来ない仕事です

竹鶴を注文される方も多くいらっしゃいました・・
って 朝ドラの影響でしょうが今回は見てないので
ノーコメント ウフフ


Skitch-s6.jpg
美味しいレーズンバター

手作りだそうです


ショットバーペコ(瓶子)
☆☆☆

茶屋町 梅田芸術劇場の一筋手前を入るとすぐの店
赤いガラスドアーが目印です


レーズンバターを作ろうと思いますが
バター入手が難しそうですね

飼うなら
犬じゃなくて・・
牛かな? アハハ


夕食は 一人で行けない寿司屋さん
それは明日に

web拍手 by FC2
プロフィール

musako

Author:musako
ご訪問ありがとうございます☆
おもな登場人物

 ★ムサシ
雄 雑種犬 推定年齢13歳
musako家に来て5年目の
2013.11月から左足骨折とガン闘病生活を送り
2014.3月21日に空に旅立ちました

 ★クロ
雄 雑種猫 推定年齢4歳
2015年4月 母と一緒に引っ越してきました
同4月 事故により後足骨折と腎臓病を併発
現在 通院中

 ★musako
女性 兵庫県在住 年齢不詳
当ブログ 管理人

 ★とん吉
長男 東京都在住
ムサシの里親決断を促した功労者

 ★陳平
次男 京都府在住
別称ダンスの先生

 ★カン太
三男 大阪府在住
我が家のPCサポーター

どうぶつ基金

トリップアドバイザー
奈良の旅行情報
奈良の旅行情報>
里親募集中
ムサシを人間にすると
musakoを動物にしたら
植える木
FC2拍手ランキング
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop